『頂点への道』講座
体験説明会
講演会 資料請求

選択理論(リアリティセラピー)講座

選択理論(リアリティセラピー)講座とは?

選択理論をベースに、自分の望む状態を明確にイメージすることにより、現在ある問題、特に満たされていない人間関係を解決することに焦点を当てたカウンセリング技法をリアリティセラピーと呼びます。リアリティーセラピー集中講座では、リアリティセラピーの理論から、ロールプレイを通して実践までを学ぶことができ、学校教育・組織・家庭環境などでよりよい人間関係を築く手法を体得していくことが可能です。
講座は、5つの段階に分かれており、それぞれのフェーズにおけるカウンセリング技法を学ぶことで、選択理論への理解度と実践度を深めてまいります。

集中基礎講座

リアリティセラピーの基礎的な学びをします。カウンセリング、選択理論、リアリティセラピーを使ったカウンセリングのやり方をロールプレイで実践的に学びます。定員は16名で、学習に要する時間は27時間で、3日間で行われます。 受講会場と日程を確認する

基礎プラクティカム

基礎プラクティカムは集中基礎講座を修了した方が参加できます。臨床演習を8人単位で12時間行います。残り18時間は、間接スーパービジョンと呼ばれ、担当スーパーバイザー に書面等を通じて事例報告をするなどの方法で行なわれます。 受講会場と日程を確認する

集中中級講座

基礎プラクティカムを修了した人が参加できます。定員16名でオーダーメイド的な講座です。より難易度の高い ロールプレイが行なわれます。要する時間は27時間で、3日間で行なわれます。 受講会場と日程を確認する

上級プラクティカム

集中中級講座を修了した人が参加できます。臨床演習が12時間、間接スーパービジョンが18時間求められています。 受講会場と日程を確認する

集中上級講座

米国では認定講座とも呼ばれています。トレーニングの最終段階です。10人で32時間が費やされ、4日間で行われます。15分程度のプレゼンテーションが参加者全員からなされ、高度なロールプレイが期待されます。 受講会場と日程を確認する