『頂点への道』講座
体験説明会
講演会 資料請求

人間関係

身近な人と良い人間関係を築くコミュニケーション力を身につける

身近な人との良い人間関係こそが
幸福への一番の近道です

選択理論心理学は学校教育、組織、家庭環境など様々な人間関係が絡む環境の中でよりよい人間関係を築く手法として幅広く活用されています。

選択理論を家庭の夫婦生活の中で実践をするための教材や、リアリティセラピーと呼ばれる、特に満たされていない人間関係を解決することで現在の問題を解決していくカウンセリング技法をリアリティセラピーと呼びます。

リアリティセラピー

選択理論とは、アメリカの精神科医ウィリアムグラッサー博士が提唱している新しい心理学で、その選択理論をベースとしたカウンセリング手法をリアリティセラピーと呼びます。発表以来40年間、アメリカやカナダを始め世界各国で普及し、選択理論を学ぶ機会として行われている集中講座には世界で約75,000名が参加しています。

フロイトを中心とした従来のカウンセリング手法が過去に焦点を当てているのに対し、「過去と他人は変えられない」という考えをベースにおきます。自分の望む状態を明確にイメージすることにより、現在ある問題、特に満たされていない人間関係を解決することに焦点を当てたカウンセリング技法です。

講座一覧

course

選択理論(リアリティセラピー)

教材一覧

teaching materials