『頂点への道』講座
体験説明会
講演会 資料請求

ニュース

2020.05.20

会社情報

公開講座の開催における新型コロナウィルス感染対策について

弊社では、新型コロナウィルスの世界的な感染拡大に伴い、
日本政府の示す自粛方針に合わせてご受講生の皆様の安全を最優先に考え、
これまで3密の環境を避けることの難しいセミナーの開催を自粛しておりました。

その一方で、多くのご受講生から継続して学ぶことのできる環境を
求める声をいただいたことから、
オンラインでのセミナー開催を提供してまいりました。

ご受講生からは、会場に足を運んで学ぶことへの期待の声を
多くいただいている背景を踏まえ、
この度、政府の方針に基づいて徹底した受講環境を確保しながら、
研修会場での講座開催を一部のセミナーからスタートいたします。

 

開催にあたり新型コロナウィルスの感染対策における取り組みを
ご受講生の安全をお守りするための受講環境への14の取り組み」として定め、
徹底をすることで、安全安心の受講環境を提供してまいります。

5月19日(火)より開催の『アチーブメントテクノロジーコース(福岡)』からは一部の適用、
5月26日(火)より開催の『アチーブメントテクノロジーコース(名古屋)』以降は
すべての項目を適用徹底いたします。

 

 

■厚生労働省の方針について

5月15日の厚生労働省の
「特定警戒都道府県である8都道府県とそれ以外の39県の違い(概略)」によると
イベント開催の方針としては、
「屋内:100人以下かつ収容定員の半分以下の参加人数をイベント可否の目安」としています。
また引き続き3つの密を避けることが徹底して求められています。

 

これらの条件を踏まえ、受講生の間を2mの間隔をとって座席を設置し、
各研修での定員を通常の定員上限の半分以下として研修を開催いたします。

 

 

■ご受講生の安全をお守りするための受講環境への14の取り組み

 

(基本方針)
自己責任で感染予防対策を行った上でのご参加お願いいたします、
マスクや眼鏡による装着品による予防、またこまめな手洗い、歯磨き、うがい、
消毒液や消毒シート、ハンドタオルの持参などにつきましては、
ご自身の責任の中で行ってください

 

①全ご受講生・運営スタッフはマスクの着用を義務化します

②消毒用のアルコールを会場内に常備します

③参加者には毎日検温を会場にて実施し、
 体温が37.5度を超える場合は受講をお断りいたします

④休憩の度に会場内の換気を徹底します

⑤座席間に十分な距離を確保します
 (参加者の座席を2m間隔で空けて設営)

⑥講師は透明のパーテーション又はフェイスシールドを使用します

⑦運営スタッフ・アシスタントはフェイスシールドを使用します
 (体験型研修ではご受講生にもフェイスシールドの着用をいただきます)

⑧講座に関連する書類や書籍・商品を、直接お渡しするときは
 スタッフが手袋着用、アルコール消毒を徹底して対応します

⑨直接接触をなくすために、ペンやテキストなどの貸し出しを行いません
 (ご自身でご準備お願いします)

⑩研修会場での次回以降の講座申込は、紙申込書による受付ではなく、
 ご自身の電子端末からWEB申込にてお手続きいただきます

⑪研修中の配布物はあらかじめ、まとめて席でお渡しします

⑫休憩時間を通常よりもこまめに確保します

⑬飛沫、接触感染を避けるために研修の内容を一部変更いたします

⑭物販購入時の支払いはキャッシュレス決済(クレジットカード)を推奨します

以上対策を徹底することでご受講生の皆様に安全安心で快適にご受講いただける環境を提供いたします。

 

 

■上記方針に基づき、研修会場にて6月に開催予定のセミナー

6月4日(木)-6日(土)  アチーブメントテクノロジーコース(仙台)
6月4日(木)-6日(土)  ピークパフォーマンスコース(成田)
6月10日(水)-12日(金) アチーブメントテクノロジーコース(東京)
6月16日(火)-17日(水) ボース・ウィン・マネジメント プラクティス(東京)
6月18日(木)-19日(金) 経営実践塾14期3回目(東京)
6月20日(土)     経営実践塾13期6回目(振替開催)
6月23日(火)     ボース・ウィン・マネジメント スタンダード(大阪)
6月24日(水)-26日(金) アチーブメントテクノロジーコース(福岡)
6月29日(月)-30日(火) プロフェッショナルフィードバックトレーニングプログラム(東京)
6月29日(月)-30日(火) ボース・ウィン・マネジメント プラクティス(大阪)

※7月以降も、基本的には上記方針に従って、セミナー開催を行ってまいります。

 

また、日本政府の自粛の方針に合わせてセミナー開催の自粛や、
上記14項目の取り組みの変更や緩和をすることもあります。
その際には、改めてお知らせいたします。