「現場で実践できる技術の体得」を|アチーブメント株式会社

youtube facebook

ニュース

2018年05月31日プレスリリース会社情報

「現場で実践できる技術の体得」をテーマにボース・ウィン・マネジメントシリーズが全面リニューアルしました。

「現場で実践できる技術の体得」をテーマにボース・ウィン・マネジメントシリーズが全面リニューアルしました。

■フィードバックが出来ない上司が急増中?

「勤務態度が悪い」、「返事はするものの、実行しない」、「報告・連絡・相談がない」。近年では、そんな部下の気がかりな点を見つけてもしっかりと指導できない上司が増えていると言われています。その背景には最近何かと取り沙汰される「パワハラ問題」の影響で、きつく言うと問題になるのではないかという懸念があるのかもしれません。しかし、成果が求められるビジネスの現場で、伝えるべきことを伝えられなくては、組織のパフォーマンス向上はもちろん、部下たちの成長もありません。そこで弊社では、「ボース・ウィン・マネジメント シリーズ」を、そんな時代のニーズに応え、より「現場で実践できるマネジメント技術」を体得できるように全面リニューアルいたしました。シリーズの第1ステップとなる「ボース・ウィン・マネジメント スタンダード」では、「伝えるべきことを伝えきる」ということをテーマにしています。

 

 

■ポイントは「実践での技術体得」

フィードバックとは、部下に現在地を知らせ、目標達成を支援することです。ビジネスの現場において、部下はフィードバックなくして、理想と現実のギャップを認識できず、効果的な行動を選択できません。本研修では、まずマネジメントの基礎となる考え方と、人の行動のメカニズムを解明した選択理論心理学の知識を学びます。そして「部下の成長を促進させるフィードバック」を、理論と実践で学んでいきます。リアルな現場のシチュエーションを想定し、実際に上司役と部下役を受講生が演じて、フィードバックを行います。実際に講師を務めるのは、アチーブメントで豊富な経験を持つ現役のマネジャーです。新ボース・ウィン・マネジメントシリーズは、マネジメントの技術を「知っただけ」ではなく、「実際に使えるまで」トレーニングを積むことが出来るマネジメント研修です。

 

 

▼ボース・ウィン・マネジメント スタンダード

https://achievement.co.jp/individual/management/bwms/

 

【このリリースに関するお問合せ、取材・資料をご希望の方は下記までご連絡ください。】
アチーブメントグループ広報担当:黒川

email:y.kurokawa@achievement.co.jp

TEL:03-3445-0420

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事検索

  •  
  • 情報カテゴリを選択
  • 月を選択

お薦め書籍

  • 目標達成の技術

    目標達成の技術

    著者:青木仁志

    トップアスリートから一流タレント、上場企業経営者まで受講者数32,000名超!「個人と企業の目標達成」を支援するセミナーのエッセンスをこの一冊に凝縮!

  • クオリティー・カンパニー

    クオリティー・カンパニー

    著者:青木仁志

    不況下でも成長を続ける理念経営 資本金500万円、5名で創業した企業が無借金経営を継続し、新卒エントリー2万人超の人気企業へ――