誇りある職場づくりで、150%の成長|アチーブメント株式会社

youtube facebook

誇りある職場づくりで、150%の成長率を実現。業績日本一の美容外科に

  • 相川佳之

    相川佳之
    湘南美容外科クリニック 総括院長

    1970年、神奈川県出身。日本大学医学部卒業後、癌研究所付属病院で全身管理・麻酔医療を修得。大手美容外科に勤務し数万件の美容外科手術を経験。2000年、藤沢に湘南美容外科クリニックを開業。2010年までに全国19カ所にクリニックを展開している。豊富な症例で培った経験による脂肪吸引、豊胸術、わきが・多汗症治療など、特に精密な技術を要求される外科手術に高い評価を得ている。

     

     

    HISTORY

    Age26日本大学医学部卒業後、癌研究所付属病院に勤務。

    Age29湘南美容外科クリニック開業。

    Age38スタンダードコースを初受講。

    Age40業績で日本の美容外科のトップに。

     

    DREAM
    現在、美容外科のほかに、皮膚科、レーシック科、植毛科、審美歯科の5分野を展開しています。すでに売上高日本一(当院調べ)を誇る美容外科分野に続き、ほかの4分野も日本一を目指します。ひいては5分野ともに世界一のクリニックグループに成長させたいですね。

受講のきっかけ

2人から立て続けに推薦される
2000年に当クリニックを開業してから、法人として事業規模の拡大を目指し、自己啓発に取り組んできました。会社の器の大きさは、経営者のそれに比例するからです。そこで、自分自身の器を大きくすることができるセミナーを探しては受講を続けてきました。
そして2009年5月、オーストラリアで開催された“世界一のコーチ”と称されるアンソニー・ロビンズ氏のセミナーに参加した時のこと。私は、こういったセミナーに参加するたびに、ほかの受講者に「何か良いセミナーはないですか?」と聞いていたのですが、日本人の受講者2人から立て続けにアチーブメントを勧められたのです。そこでなら、さらに自分を成長させることができそうだと思った私は、その2カ月後にスタンダードコースを受講しました。

アチーブメントで学んだこと

ほかとは違う着実さ

これまで受講したセミナーの多くは、体を動かすセッションもあったりして刺激的である反面、一時的なカンフル剤のようで半年もすると元の状態に戻る感覚がありました。ところが、アチーブメントのセミナーは、行動を習慣化することにフォーカスしているため、とても継続性が高い。まずはそこがすごいと思いました。人生目的の達成に向けて毎日行うことを決め、実践し続けて成果につなげていこうという着実さが、ほかとは違いましたね。
学びを続けて、相手や自分の長所を把握してのWin‐Winのコミュニケーションスキルを身に付けたり、発表の場を通じてそれまで学んだことを自分の中に落とし込むことができました。非常に体系立てて考えられたセミナーだと感心しました。

 

70%ものリピート率が証
受講前に120%ペースだった業績の伸び率は、受講後1年で150%にアップしました。受講以来、日々「自分が本当に求めているものは何か?」「スタッフは?」「お客様は?」と自問し、その答えを実践し続けてきた成果と思っています。答えとは、どこよりも卓越した技術と誠意あるサービスでお客様に選ばれるクリニックになること。そして、どうすればそのレベルを向上し続けられるか、この1年取り組んできました。
まずはスタッフが自己重要感に満たされ、成長でき、楽しく働ける職場づくり。先日、あるスタッフから「スタッフ思いの湘南美容クリニックで働けることを誇りに思っています」というコメントをもらいました。そんな誇りがお客様にも伝わっているはず。70%ものリピート率が何よりの証です。

  • 妻と子どもたちと過ごす時間が、何よりの宝物。