選択理論の適用範囲|アチーブメント株式会社

youtube facebook

SCOPE

選択理論の適用範囲

選択理論の適用範囲

選択理論はよりよい人間関係を築くための心理学であるため、
人間関係があるところであればどこでも応用可能です。現在は主に以下の4つの分野で適用されています。

LEAD MANAGEMENT

ビジネスにおける
マネジメント
(リードマネジメント)

組織への適用:
リードマネジメント

選択理論では、メンバーへの強制を中心としたマネジメントを「ボスマネジメント」それに対し、メンバーへの内発的動機付けを中心としたマネジメントを「リードマネジメント」と呼んでいます。
マネジメントにおいて「仕事への意識をいかに高めるか」「仕事の喜びをいかに感じてもらうか」「仕事の喜びをいかに目標達成への行動変容につなげるか」を考えた時、メンバーは叱咤激励されるよりも、目標達成して得られる喜びや感動をイメージ喚起されるほうが、モチベーションが高まることは間違いないでしょう。

アチーブメントのマネジメント強化研修や企業向け研修では、選択理論に基づいた、このリードマネジメントを取り入れ、効果的な研修を提供しています。

ボスマネジメント

  • 部下を動機づけることに気を配る
  • 誰が悪かったかを探す
  • 欠陥の責任をとらせる
  • 生産性に全員の注意を向けさせる
  • 個人の達成を強調し、個人に報酬を与える
  • 仕事をしろと命令する

リードマネジメント

  • 動機づけの障害を取り除く
  • 部下を動機づけることに気を配る
  • 何が悪かったかを探す
  • 欠陥を防ぐ方法を調べる
  • 上質に全員に注意を向けさせる
  • グループの達成を強調し、その達成を認める
  • 仕事をしやすい方法を確立する

REALITY THERAPY

カウンセリング
(リアリティセラピー)

カウンセリングへの適用:
リアリティセラピー(現実療法)

選択理論をベースとしたカウンセリング手法をリアリティセラピー(現実療法)と呼びます。リアリティセラピーは世界十大カウンセリングの1つとして世界60カ国に強い影響力があります。 フロイトを中心とした従来のカウンセリング手法が過去に焦点を当てているのに対し、リアリティセラピーでは「過去と他人は変えられない」という選択理論をベースに自分と未来とに焦点を当てています。カウンセラーは、不満足な人間関係に着目し、クライアントが望む未来の状態を明確に具体的にイメージしてもらうことで、問題解決していくカウンセリング技法がリアリティセラピーです。

ウイリアム・グラッサー博士は「人にとって唯一の問題は不幸であること」とし、それが全ての問題行動につながっていると同時に、「精神病という病はない」と主張しています。病であるという意識が、より良い選択をすることができるという考えを妨げるのです。そのため、リアリティセラピーにおいては一切の薬物療法は取られません。幸せになるために自分の行動を吟味して良い計画を立て、現実的な願望と欲求を満たし、よりよい人生を送る支援をする効果的な短期療法であると言えます。

リアリティセラピーの基本的な考え方

  • 人は自分自身によってのみ変わることができ、より効果的な人生を送ることができる。
  • 人は自分自身の行動に対して責任がある。社会や、遺伝や、過去に責任はない。
  • 人の問題行動は満たされていない欲求を満たそうとする表れであり、
    自分の欲している心のイメージ写真に近づけようとしているのである。

QUALITY SCHOOL

学校教育
(クオリティースクール)

学校教育への適用:
クオリティスクール

選択理論を学校教育に取り入れている学校(小・中・高)は全米で250校以上にのぼります。この中で選択理論が学内に完全に浸透した学校は、グラッサークオリティスクール(GQS)として認定される。2011年4月時点では21校がグラッサークオリティスクールとして認定されています。

クオリティスクールの基本基準

  • 2年以内に突発的な問題は別として、生徒指導上の規律違反の問題はほとんどなくなっている。
  • アチーブメントテスト(州の熟達度テスト)で今までの成績を上回る成績を修めている。
  • 悪い成績(B以下)はなくなっている。コンピテンス(できるレベル)を全生徒が身につけている。
  • どの分野であってもよいが「上質」と呼ばれるレベルの取り組みを生徒全員がしている。
  • 教師、生徒、保護者は選択理論を学んで生活に活かしている。
  • 喜びに満ちた学校環境が出来ている。

PERSONAL
WELL-BEING

日常生活への適用

日常生活への適用

選択理論は人間関係があるところであればどこでも適用可能です。 その中でも、私たちにとって特に身近で、誰もが良い人間関係を築きたいと願っているにもかかわらず、うまく関係を築けていない4つの人間関係を下記にピックアップしました。 これらの範囲において、選択理論は特に有効であるとされています。

特に役立つ4分野

  • 結婚・恋愛
  • 家庭
  • ビジネス
  • 学校