『頂点への道』講座
体験説明会
講演会 資料請求
2012年4月より法政大学大学院政策創造研究科で「経営者育成プログラム」を開始2012.2.3

 

法政大学大学院政策創造研究科で「経営者育成プログラム」を開始人材教育のアチーブメント株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:青木仁志)は、2012年4月より法政大学大学院政策創造研究科にて「経営者育成プログラム」を開始する。同プログラムは寄付プログラムとして開始されるが、単体の授業ではなく、複数の授業が含まれたプログラムを寄付することは全国的にも珍しいこと。

 

 アチーブメントは、企業理念の実現を第一とする中で企業発展を目指す「理念経営」の普及を推進し、これまで3000名以上の経営者の方々に対して、教育を行ってまいりました。一方、法政大学大学院政策創造研究科は独立大学院として、2008年度に開設。価値ある新たな産業・企業・雇用を創造する「地域づくり人財」の養成を主たる教育研究目的として活動してまいりました。

 

 アチーブメントと法政大学大学院政策創造研究科は、これまでもアチーブメント代表の青木が同大学院で客員教授を務め「経営者論特講」を行うだけでなく、坂本研究室と共同で「中小企業の経営革新チェックリスト」を作成するなど、様々な知見の交流を行ってまいりました。
 今回は、特に経営分野において日本の次代の担い手を養成していくことでその意見が一致し、2012年4月から、「経営者育成プログラム」を寄付プログラムとして開講することを決定。同プログラムは若手経営者・後継者・起業家等を主たる対象として、代表・青木が担当する「理念経営論」をはじめ、主席トレーナー・佐藤英郎が担当する「人材育成論」のほか、「経営戦略論」「事業承継論」「財務戦略論」などの講座も新たに開講します。