トップページ>アチーブメントの強み>選択理論とは

選択理論とは

選択理論とは、アメリカの精神科医ウイリアム・グラッサー博士が提唱している新しい心理学です。
発表以来40年間、世界各国で普及し、カウンセリングや学校教育、組織、家庭環境など様々な人間関係が絡む環境の中で、
よりよい人間関係を築く手法として高い評価を得、幅広く活用されています。特に選択理論をベースとしているカウンセリング、
リアリティセラピーは、アメリカやカナダを中心に広がっています。

選択理論とアチーブメント

第一線で選択理論を日本で普及しているアチーブメントでは、ウイリアム・グラッサー博士を日本に初めてお招きし、講演会や勉強会を企画してきました。 今もなお最新の理論をセミナーや書籍などを通じて日本に紹介しています。
また、選択理論を使ったカウンセリング手法、リアリティセラピーに関して、米国ウイリアム・グラッサー協会が認定した日本人初のインストラクターであり、日本初のリアリティセラピー認定講座を主催するなど先駆的な働きをしている、元 立正大学教授の柿谷正期氏を取締役に迎え、セミナープログラムの開発に取り組んでいます。

選択理論心理学の特徴

選択理論心理学の特徴は、その対極にある外的コントロール心理学と比較することによって、わかりやすくなります。

【外的コントロール心理学】では、次のような考え方をします。

  •  ・人は外側から動機付けられる
  •  ・人はコントロールすることができる
  •  ・自分も人によってコントロールされる

【選択理論心理学】では、次のような考え方をします。

  •  ・人は内側から動機付けられる
  •  ・人をコントロールすることはできない
  •  ・人は自らの選択によって行動する


「人間関係を始めとする日常の諸問題は、責める・罰するなどして
相手を思い通り動かそうとする外的コントロール心理学が大きな原因になっている」
とグラッサー博士は指摘し、他人をコントロールしようとせず、相手を受け入れ交渉を行う選択理論心理学への移行の必要性を主張しています。

外的コントロール心理学と選択理論心理学における行動の考え方の比較

基本的欲求と上質世界

グラッサー博士は人には生まれながらにして5つの基本的欲求があると主張しています。 そしてその基本的欲求を満たすイメージ写真を上質世界と呼びます。人は基本的な欲求を満たすイメージ写真を描き、それを手に入れようという動機付けのもとに、その時最適最善な行動を選択し、行動を起こしているとしています。

生存の欲求
空気や水、食べ物、住居、睡眠など、生きていくために必要なすべてに対する欲求。
愛・所属の欲求
家族、友人、会社などに所属し、愛し愛される人間関係を保ちたいという欲求。
力の欲求
自分の欲するものを、自分の思う方法で手に入れたいと思う。
人の役に立ちたい、 価値を認められたいという欲求。
自由の欲求
自分の考えや感情のままに自由に行動し、物事を選び、決断したいという欲求。
誰にも束縛されずに自由でありたいという欲求。
楽しみの欲求
義務感にとらわれることなく、自ら主体的に喜んで何かを行いたいと思う欲求。
5つの基本的欲求

人の行動原則

人の行動は、「思考」「行為」「感情」「生理反応」の4つの要素から成り立っています。 車に例えれば、前輪が「思考」と「行為」、そして後輪が「感情」と「生理反応」となります。 さらに、車のエンジンは「基本的欲求」、ハンドルは「願望」を表します。

つまり、人は基本的欲求に基づいて「こうありたい」という願望にかられて動くのです。
願望がはっきりしていればいるほど、その方向に早いスピードで動きます。

これが行動です。

走り出すと、ハンドルを切って曲がろうとすることもあります。曲がるときにハンドルとともに動くのは前輪の「行為」と「思考」です。後輪は前輪の動きに合わせてついてきます。
つまり、前輪にあたる「行為」と「思考」は、願望のもとに自分でコントロールすることができます。後輪にあたる「感情」や「生理反応」は自分自身では制御しにくいものなのです。 しかしながら、「行為」と「思考」をコントロールすることによって、「感情」や「生理反応」も連動するので、間接的にコントロールができるのです。

人の行動原則

選択理論の適応範囲

選択理論の適応範囲

組織への適応:リードマネジメント

組織への適応:リードマネジメント

強制をマネジメントの中心としたものがボスマネジメント、それに対し、メンバーに内的な動機付けを促すことを中心としたものがリードマネジメントと呼ばれています。
マネジメントにおいて、「意識をいかに高めるか」「仕事の喜びをいかに感じてもらうか」「意識した喜びをいかに目標達成への行動変容につなげるか」ということを考えた時、叱咤激励されるよりも、目標達成の先に得られる喜びや感動などのメリットをイメージ喚起できるほうが、メンバーのモチベーションが高まることは間違いないでしょう。

アチーブメントのマネジメント強化研修や企業向け研修では、選択理論に基づいた、このリードマネジメントを取り入れ、効果的な研修を提供しています。

組織への適応:リードマネジメント

カウンセリングへの適応:リアリティセラピー(現実療法)

カウンセリングへの適応:リアリティセラピー(現実療法)

選択理論をベースとしたカウンセリング手法をリアリティセラピー(現実療法)と呼びます。リアリティセラピーは世界十大カウンセリングの1つとして世界60カ国に強い影響力があります。 フロイトを中心とした従来のカウンセリング手法が過去に焦点を当てているのに対し、「過去と他人は変えられない」という選択理論をベースに、自分の望む状態を明確にイメージすることにより、現在にある問題、特に満たされていない人間関係を解決することに焦点を当てたカウンセリング技法がリアリティセラピーです。

ウイリアム・グラッサー博士は「人にとって唯一の問題は不幸であること」とし、それが全ての問題行動につながっていると同時に、「精神病という病はない」と主張しています。病であるという意識が、より良い選択をすることができるという考えを妨げるのです。そのため、リアリティセラピーにおいては一切の薬物療法は取られません。幸せになるために自分の行動を吟味して良い計画を立て、現実的な願望と欲求を満たし、よりよい人生を送る支援をする効果的な短期療法であると言えます。

リアリティセラピーの基本的な考え方
  • 人は自分自身によってのみ変わることができ、より効果的な人生を送ることができる。
  • 人は自分自身の行動に対して責任がある。社会や、遺伝や、過去に責任はない。
  • 人の問題行動は満たされていない欲求を満たそうとする表れであり、 自分の欲している心のイメージ写真に近づけようとしているのである。

学校教育への適応:クオリティスクール

学校教育への適応:クオリティスクール

選択理論を学校教育に取り入れている学校(小・中・高)は全米で250校以上にのぼります。この中で選択理論が学内に完全に浸透した学校は、グラッサークオリティスクール(GQS)として認定される。2011年4月時点では21校がグラッサークオリティスクールとして認定されています。

クオリティスクールの基本基準
  • 2年以内に突発的な問題は別として、生徒指導上の規律違反の問題はほとんどなくなっている。
  • アチーブメントテスト(州の熟達度テスト)で今までの成績を上回る成績を修めている。
  • 悪い成績(B以下)はなくなっている。コンピテンス(できるレベル)を全生徒が身につけている。
  • どの分野であってもよいが「上質」と呼ばれるレベルの取り組みを生徒全員がしている。
  • 教師、生徒、保護者は選択理論を学んで生活に活かしている。
  • 喜びに満ちた学校環境が出来ている。