トップページ> 個人のお客様> 事例から探す> 未来を拓いたのは事前対応と素直な実践

未来を拓いたのは事前対応と素直な実践

プロフィール

金井稔

金井稔
外資系生命保険会社
部長
1973年北海道生まれ。大学卒業後、外資系製薬会社を経て、医療機器専門商社にて11年間勤務。最年少で課長に昇進し、地方拠点の売上を7倍にする。2007年に生命保険業界に転職し、入社1年目から社内タイトルを8年連続受賞。MDRTには7年連続入会し、2015年にはCOT基準を達成。社内営業職の最高位も獲得し、後進育成に従事。JPSA札幌支部設立時から支部長を務め、受講生の継続学習のロールモデルとして活動を広げている。

職業上の成果ばかりを求めていた前職時代

「出世すること、稼ぐことが男の使命」。そんなふうに、当時の私は仕事での成果のみを追い求めていました。
大学卒業後、外資系製薬会社を経て、医療機器専門商社に11年間勤務。その間、26歳で結婚もし、妻子を持ちながらでしたが、職業上の成功を求めてあえて売上が落ちている地方拠点に単身赴任しました。赴任先では売上を7倍にするなど、とにかく成績にこだわった結果、最年少で課長に就任するなど、高い業績を上げることができていました。一方で単身赴任によって、子どもと会えるのは年間10回程度。家庭よりも仕事を優先する生活が続いていたのです。そんなある日、妻が病気で手術をすることになり、家族の大切さを痛感しました。この出来事をきっかけに、当時自分自身が顧客でもあった現在の外資系生命保険会社に転職。2007年32歳のときに、家族がいる北海道にて、生命保険営業職としての第二の人生が始まりました。
前職の経験を活かし、成果も順調に上がっていましたが、お客様との間にあったのは、あくまで契約だけの関係。深い関係にならない状況に、「このままで本当にうまくいくのだろうか」と危機感を抱き始めていました。転職してから半年も経たない頃、機会をいただいたのが、青木社長の講演会でした。湧き上がる不安感を打破し、成果軸での頭打ちを事前に対処するヒントを求めて、スタンダードコースの受講を決意したのです。

自分視点から他者視点への転換

初受講の際に決めたことは、「推奨されることは全部やって、成果が出なければ、文句も言えるだろう」というもの。しかし実際に得たものは、価値観の大きな転換です。
スタンダードコース、ダイナミックコースを経て実感したのは、「これまでいかに自分視点で生きてきたのか」ということでした。特に、ダイナミックコースでの体感型ワークでは、いかに自分本位で判断をしているかが、概念や知識ではなく行動レベルで理解できました。実際に、受講前の私が大切にしていた価値観は、「挑戦」や「向上心」といった自分視点のものばかりでしたが、セルフカウンセリングを行う中で、出てきたものは、「愛」「誠実」「感謝」「貢献」といった「相手視点」の人生理念。そして、次のアドバンスコースでは、『自分の真なる強み』を自覚。相手を包み込む、包容力が自分にしかない強みを自覚することができていきました。
こうした相手視点の理念と自分の強みの自覚によって、セールスのスタンスは大きく変化していきました。同じく活用していたアチーブメント・セールス・スキルアップ・プログラムを活用する中で身に着けた、傾聴・承認・質問技法を駆使し、お客様の奥にある願望や価値観、ビジョンを明確化するサポートと、その実現に向けた提案ができるようになっていったのです。言ってみれば、お客様と向かい合った「対面」ではなく、「横に並ぶ」といったスタンスへの転換でした。
また、受講を通して学んだ、『他人と過去は変えられない、自分と未来は変えられる』という言葉から、お客様のご決断をコントロールするような前職の「自分本位」の営業スタイルから、お客様の『納得』を重視するようになっていきました。
さらに、継続学習を重ねる中で、コース内アシスタントの経験から、その方の可能性を信頼して、後ろの扉を閉め、一歩前に踏み出すお手伝いをすることができるようになりました。自分のお客様が仮に、著名な方、有名な経営者の方であろうと、ご本人の「目的」から常に考え、長期的・客観的・本質的に考えた上で、必要であればフィードバックをするなど、「踏み込んだ関わり」へと繋がっていったのです。

第二象限の確保によって業績がさらに加速    

家族との時間も取れなかった前職時代ですが、出張続きで、忙しさからいえば現職のほうが忙しいぐらいです。しかし、「子どもの行事には仕事はしない」と決めることで、家族との時間についても優先的に確保。土日を休みにしながら、月曜日から金曜日の中で、いかに成果を出すため、いかに逆算して時間とお金を使うかを考えられています。第二象限を優先するタイムマネジメント技術によって、日々満たされた状態が維持され、成果は逆に高まっていきました。
かつて抱いていた業績が伸び悩むかもしれないという不安も、こうしたセールススタンスの変化やタイムマネジメント技法によって解消されていきました。おかげさまでお客様からも厚いご信頼をいただくようになっていき、紹介がさらに加速。入社1年目から継続している社内タイトルは8年連続、MDRTには7年連続入会し、昨年はCOT、社内営業職の最高位にもなることができました。

役割の拡張の中で生じてくる役割と責任

また、2009年からはJPSA札幌支部の支部長の役割もいただいています。2015年には、アチーブメントテクノロジーコースの札幌初開催を実施することができました。かつて、自分が初受講の時には、講座の中でも繰り返し言われる『代償の先払い』を実践。交通費を含めると、開催地近くの方々とは比べ物にならないくらい出費をしていましたが、継続学習を続けることで大きな成果になって返ってきました。だからこそ、北海道の受講生の方々に、継続する学習機会と環境を率先して作っていきたいと思っています。加えて、社内の営業の最高位になったこともあり、後輩育成、マネジメントの部分が大きくなってきています。生命保険営業職として働く目的を明確にして、自分の在り方を見つめ直すサポートをしながら、業界に対する貢献をしていきたいです。
お客様の経営者の方々からは、「金井さんはもはや生命保険営業職ではない。企業の財務防衛の一翼だ」とお言葉をいただいています。お客様にいかに「考えるきっかけや、気づくきっかけ」を与えられるかが生命保険営業職としての役割であり、同時にプロスピーカーでもある自分の使命だと考えています。成果の秘訣は、言われたことを「素直に徹底的に実行すること」だと思います。継続学習から拡張した、『生涯学習』を続け、より多くの方々の人生の質の向上に貢献するために、自らの器の拡張に向けてさらに学び続けていきます。

その高い業績から、講演の機会も多数

▲ その高い業績から、
講演の機会も多数

渚との縁は9年目に突入。まさにパワーパートナーの関係

▲ 渚との縁は9年目に突入。
まさにパワーパートナーの関係

日本ハムの白井コーチを招いての北海道での講演会も開催

▲ 日本ハムの白井コーチを招いての
北海道での講演会も開催

担当コンサルタントの声

阿部 光志

渚 知子
アチーブメント株式会社 パーソナルコンサルタント

金井さんの常に相手視点の在り方が、多くの方から絶大なる信頼を集めていらっしゃいます。全てを受け入れ、感謝を行動で証されていらっしゃるお姿を、私も人としても心より尊敬申し上げます。お会いして9年の歳月が流れましたが、これからもさらなるご活躍にお力添えさせていただくことは、私にとっても大きな誇りです。

アチーブメントの強み

  • アチーブメントの強み

関連コンテンツ

  • 戦略的目標達成プログラム『頂点への道』講座
  • アチーブメント経営実践塾

関連サイト

  • JAPAN SPEAKER ASSOCIATION  JPSA
  • 目標達成のプロフェッショナル  青木仁志 Official Site
  • アチーブメント ショッピングサイト

関連する書籍

書籍イメージ

公式ブログ

モバイルサイト

www.achievement.co.jp/m/

モバイルサイトでは公開講座(一部セミナーを除く)へのお申込み、商品のご購入ができます。ぜひこの機会にご活用ください。

PCからはご利用いただけません。