トップページ> 個人のお客様> 事例から探す> 受講を通して、絶対的な判断価値基準が明確に。売上の120%達成と、5医院の展開へ!

受講を通して、絶対的な判断価値基準が明確に。売上の120%達成と、5医院の展開へ!

プロフィール

筒井隆史

筒井隆史
医療法人悠生会 理事長
1973年、大阪生まれ。歯科医師の道を志す。学生時代に「海外の高度な歯科医療、インプラントについて学びたい」という思いを抱いて、2004年に渡米。ニューヨーク大学でインプラントについて学ぶ。マンハッタン、ニューヨークの最先端医療現場で経験を積み、2006年大阪で筒井歯科を開院。現在大阪を中心に計5つの診療所を持つ筒井歯科グループの理事長を務める。医療現場の最前線でインプラント外科医として治療、後世の育成を行っている。
筒井歯科:http://www.tsutsui-group.jp/

受講のきっかけ

お金を頂きながら感謝をされるこんな素晴らしい職業はない。医師である両親が、周囲から尊敬を受けながら、こう語る姿を見てきた私にとって、医師を目指すのは自然な流れだったかもしれません。大学卒業後、医療の国際化を予測し、ニューヨークに渡米。世界中から優秀な留学生が集まる中で、負けまいと必死に食らいついていきました。ニューヨーク大学・インプラント科で研鑚を積み、32歳の時に満を持して地元大阪にて開業。最新の医療機器に加え、全個室の一流ホテルのような空間を創り上げました。しかし、立地条件もあり、開業翌月の新患数は、たったの9名。WEBアクセスを増やすため、10社以上のWEB制作会社と打ち合わせ、自らもポスティングをするなど努力を重ねましたが、一人も患者様が来院せず、まさに閑古鳥が鳴く日々が半年続き、夜も眠れない日々を過ごしました。しかしそんな中でもスタッフは一人も辞めず、少しずつ努力が実り、口コミで来院数も増えていきました。次第に軌道に乗り始めた中、当時から業界では有名だった、スタンダードコースをご紹介いただきました。当初は、三日間現場を止めてまで受講することに抵抗がありましたが、スタッフの育成や経営に関する更なるヒントを求めて受講を決めました。

深い反省と、不動の軸の入手

これまで自分なりに勉強はしてきたつもりでしたが、受講時には、スタンダードコースの本質性と体系性に感銘を受けると共に、深く反省したことを覚えています。もともとスタッフとは仲が良く、私も大切にしているつもりでしたが、「外的コントロール」の概念を学ぶことで、自分のこれまでの行動を自己評価。良い治療・最高のものを提供したいという思いが強いあまり、スタッフを豊かに、幸せにしたいという思いがまだまだ少なかったとも気づきました。

受講後の私の現場は、スタッフに「申し訳なかった」と謝ることから始まりました。その後は、朝礼時にスタンダードコースのテキストを片手に、日々スタッフたちにもメッセージ。継続学習を重ねる中で、理念・ビジョンという、これまで漠然とあったものが、徐々に明確化していくと共に、スタンダードコースの内容が、自分の中の不動の“判断・価値基準の幹”となっていきました。さらに、個人としての基準だけではなく、「スタッフたちと未来にどう向かいたいのか」という組織としての軸も確立しました。スタンダードコース初受講の翌年には、大阪の「中之島フェスティバルタワー」の一角に、分院を開院。現在では、グループ医院として5つの医院経営を担いながら、2014年の売上は120%達成をしました。

業界貢献への強い使命感と共に

当医院の理念は「怖くない医療の実現と、上質な医療の追求。全従業員の物心両面の幸福の追求を通じて、広く社会、歯科業界に貢献する」というもの。実は、2015年のアメリカの職業ランキングでは、歯科医師が1位、歯科衛生士は第5位となっています。当院がさらに成長し、幅を広げていくことで、日本とアメリカの差を縮めていきたいのです。そこに向けて、アチーブメント社の力を借り、これまでの社員研修に加え、2014年には、15年度卒の新卒採用も導入。4月には医師が約20名、衛生士は約30名になり、今後はさらに拡大していく予定です。だからこそ新入社員を迎えるとなると、これまで以上に自分たちの思いを強固にし、身を引き締めていかねばなりません。現場を止めて、研修や採用を行うことは業界では珍しいと言われますが、既存のスタッフの意識や主体性が高まることで徐々に組織変革が成されていると感じます。

医療業界にさらに貢献するための戦略やアイディアは尽きません。しかし、歯科医師として毎日患者様に向き合う中で思うように時間がかけられていないことに葛藤を覚えていました。もっと早く、広く、医療業界にや社会に貢献していきたい。そのために、新しい医療事業・医療サービスをゼロから創造する 『経営戦略スタッフ』の採用を決めました。自分一人でできないことを組織的に成し遂げる段階まで成長していると感じます。

新卒採用を導入した時期と同じくして、歯科業界で世界最大のスタディーグループである 『Seattle Study Club』の日本支部、『Seattle Study Club of Japan』を立ち上げ、歯科医師が世界の先端医療技術を学ぶ環境と、日本の高度な医療技術を発信する土台を築き上げました。これからは、革新的・本質的な、今までになかった新しい医療機関を創りたいと思っています。アチーブメントでの学びを土台として、革新的なイノベーションに導くような付加価値を創造し、全スタッフ一丸となって医療業界、社会に貢献できるよう、より一層邁進してまいります。

▲ 互いに深く繋がる、
筒井歯科グループのスタッフ。

▲ 業界貢献のため、
学会で精力的に活動を続ける。

▲  ホテルの一室のような
上質な空間で治療。

担当コンサルタントの声

村田 泉
アチーブメント株式会社 営業本部長

常に高い志を持ち、最新の技術を学び続けられる筒井先生。スタッフの皆様と共に、医院の改善を含めた新しい取り組みを次々と取り入れていらっしゃいます。患者様や歯科医療業界への貢献のために、全身全霊を尽くし続けられる筒井先生とスタッフの皆様を、今後ともサポートさせていただけることを嬉しく思います。

アチーブメントの強み

  • アチーブメントの強み

関連コンテンツ

  • 戦略的目標達成プログラム『頂点への道』講座
  • アチーブメント経営実践塾

関連サイト

  • JAPAN SPEAKER ASSOCIATION  JPSA
  • 目標達成のプロフェッショナル  青木仁志 Official Site
  • アチーブメント ショッピングサイト

関連する書籍

書籍イメージ

公式ブログ

モバイルサイト

www.achievement.co.jp/m/

モバイルサイトでは公開講座(一部セミナーを除く)へのお申込み、商品のご購入ができます。ぜひこの機会にご活用ください。

PCからはご利用いただけません。