トップページ> 個人のお客様 > 事例から探す> 真の社員満足は自己成長にあり。老舗和菓子店の8代目が、苦悩の末にたどり着いた結論

真の社員満足は自己成長にあり。老舗和菓子店の8代目が、苦悩の末にたどり着いた結論

プロフィール

渡辺雅司
株式会社船橋屋 代表取締役
創業205年の老舗和菓子店、船橋屋(本店:江東区亀戸)の跡取り息子として1964年に生まれる。7年間の大手都市銀行勤務を経て、1993年に株式会社船橋屋入社。専務取締役として経営改革に着手。2008年、代表取締役に就任。

HISTORY

Age29
6代目にあたる祖父が倒れたことを機に、7年間勤めた銀行を退行し、株式会社船橋屋に入社。
Age39
ISO 9001の認証取得。品質管理や高度衛生管理システム、社員活性化など、様々な社内プロジェクトを順次開始。
Age44
代表取締役に就任。
Age45
スタンダードコースを初受講。

DREAM

より多くのお客様に「こだわり」と「おもてなしの心」をお届けしたい。そのため、生菓子であるくず餅を全国に配送するべく流通システムの改善に取り組んでいます。また製造過程における発酵技術を生かし、人々の健康に寄与したいとも考えています。個人的には65歳で引退し、ハワイと日本を行き来することが夢です。

受講のきっかけ

社員に思いが伝わらぬ苦悩

7年間の銀行勤務を経て、実家の船橋屋に入社したのは1993年のこと。家業と距離を置いて育てられた私は、親方絶対の職人の世界に驚かされながらも黙々と働きました。一方で、仕入先の見直しなど経費削減や合理化を図りました。「銀行出の理屈っぽい若造」と思われたでしょうが、厳しい現実を知る私は妥協しませんでした。
その後、品質管理の国際基準ISO9001の認証取得をはじめ、老舗に新風を吹かす様々なプロジェクトに着手。社内を活性化し、一体感を築きたかったのです。ところが意に反して活気は生まれません。それどころか「仕事が面白くない」と辞める社員が続出します。私は、「なぜ思いが伝わらないのか」と眠れぬ夜を過ごしました。そんなとき青木さんと出会い、金づちで殴られたような衝撃を受けました。問題の原因は自分にあることに気付かされたのです。

アチーブメントで学んだこと

まずは自分を変えること

「コントロールできないものに焦点を当てない」。受講でもっとも影響を受けた言葉です。それは何かといえば自分の過去と他人の心です。振り返ると、以前の私は、人をどうにか変えようと必死で働きかけてばかり。それでも変わらない社員に対しては、「なぜ、できないのか」「やる気があるのか」と追い詰めていました。価値観の押し付けです。でも、そんなことで人は変わりません。変わったとしても嫌々言うことを聞いているだけです。大切なのはまず自分が変わることなのですね。

社員が自己成長できる組織へ

研修後、私は社員と一対一でじっくり話すようにしました。以前のような一方通行的な会話ではなく、生い立ちや生き様などにも耳を傾け、「今のままで大丈夫だよ」というメッセージを発しました。自分を大切にし、自己成長したいという気持ちになってもらいたかったからです。続いて、生きる目的を持ち、会社の中でどう行動すればそれが実現できるかをともに明らかにしていきました。そうやって、社員が自己成長し続けられる組織、社員満足を優先する経営へと社風を変えていったのです。
私の変わりように驚いた社員は、一人、二人とスタンダードコースを受講するようになりました。「あの社長が変わるのだから自分も変われるかもしれない」と考えたのでしょう。すると、彼らも自信をつけて帰ってきます。それが連鎖し、今では社内にアチーブメント用語が飛び交っています。人は皆変わりたいと思っているのです。真の社員満足は、自己成長することで生まれると確信しています。

▲ 14ヶ月かけて作り上げるくず餅
の賞味期限はわずか2日。保存料
は使わないというのが、こだわり。

セミナー・サービスを見る

アチーブメントの強み

  • アチーブメントの強み

関連コンテンツ

  • 戦略的目標達成プログラム『頂点への道』講座
  • アチーブメント経営実践塾

関連サイト

  • JAPAN SPEAKER ASSOCIATION  JPSA
  • 目標達成のプロフェッショナル  青木仁志 Official Site
  • アチーブメント ショッピングサイト

関連する書籍

書籍イメージ

公式ブログ

モバイルサイト

www.achievement.co.jp/m/

モバイルサイトでは公開講座(一部セミナーを除く)へのお申込み、商品のご購入ができます。ぜひこの機会にご活用ください。

PCからはご利用いただけません。