トップページ> 個人のお客様 > 事例から探す> メンバーはパワーパートナー。価値観と目標を共有し、全員の力で事業を拡大

メンバーはパワーパートナー。価値観と目標を共有し、全員の力で事業を拡大

プロフィール

加藤敏明
株式会社北国からの贈り物代表取締役& CEO
1965年、北海道生まれ。大学卒業後、家業のカニ卸販売業のネット部門として1998年に起業。購入者のリピート率80%超えを達成、楽天市場ベスト店長賞ほか受賞歴多数。ネットショップの先駆者として、全国で講演会など多数開催している。

HISTORY

Age33
カニを販売するネットショップ「北国からの贈り物」をオープン。
Age39
スタンダードコースを初受講。
Age41
北海道の活性化イベント「100キロ歩こう!大会」を主催。感謝・感激・感動がテーマ。
Age44
楽天市場ベスト店長賞を3年連続・6回目の受賞。ネット店長塾メンバー5名による共著『トップ0.1%の条件』(アチーブメント出版)を出版。

DREAM

起業した背景には、生まれ育った北海道を元気にしたいという思いがあります。まずはeコマースを通じて、地元の特産品を全国に届けるビジネスで活性化していきます。また「100キロ歩こう!大会」を1000人規模で開催することも目標の一つにしています。

受講のきっかけ

人材が定着しないことに悩む

北海道のカニや特産品をインターネットで販売する事業を立ち上げたのが1998年のこと。売り上げも前年比の倍増ペースで順調に伸びていき、5~6年を過ぎた頃には組織は15人くらいになっていました。
ところが、当時の私は、ここまで事業を大きくできたのは自分の功績だと思い込み、毎晩遅くまで頑張っているメンバーを素直に評価できないでいました。いわゆるワンマン経営者だったわけです。当然、優秀なメンバーたちが次々に辞めてしまい、人材が定着しないことを悩んでいたのです。
そんな時に、アチーブメントのセミナー受講を勧めてくれたのがネットショップ経営者の仲間でした。定期的に開いていた勉強会の場で、メンバーの一人から青木社長の講演テープをいただいたのです。そこには人生理念や理念経営についてのエッセンスがあふれていて、スタンダードコースを受講しようと決めました。

アチーブメントで学んだこと

メンバーはパワーパートナー

スタンダードコースの最大の収穫は、「メンバーの成功=自分の成功」というパワーパートナーの考え方です。受講前は、仕事を頼んでも「なぜ、できないのか」「なぜ、自分と同じようにやってくれないのだろう」と、高い結果を求め過ぎていました。しかし、パワーパートナーの力を借りることで、自分が想像する以上の価値・効果を得られると学びました。
まずは「よくやったね」と声を掛け、少しずつメンバーの成長に目を向けるようにしました。そして、私は彼らを先頭から引っ張るのではなく、最後尾で支え、見守りながら、丁寧にアドバイスするようにしたのです。

お客さまの声は全員のごほうび

それから1年後、私たちは自社の経営理念をつくることにしました。すると、「笑顔とまごころ」を提供するという共通の価値観を持つことができ、さらにはメンバー一人ひとりが目標意識を持って働くようになったことで、離職率も下がっていきました。また、「お客様の声は全員へのごほうび」ととらえ、顧客評価をみんなで共有。注文から1年以内のリピート率は80%以上、商品配送後の満足度は95%以上という高い数値まで上げることができました。
結果、楽天市場ではベスト店長賞を3年連続、過去6回も受賞。これはメンバー全員の頑張りが、お客様から認められた証だと誇りに思っています。今後は利益をメンバーに還元できるような評価制度も整え、物心ともに豊かになれる職場を目指していきます。

▲ 2009 年の「100 キロ歩こ
う!大会」には200 名が参加。

セミナー・サービスを見る

アチーブメントの強み

  • アチーブメントの強み

関連コンテンツ

  • 戦略的目標達成プログラム『頂点への道』講座
  • アチーブメント経営実践塾

関連サイト

  • JAPAN SPEAKER ASSOCIATION  JPSA
  • 目標達成のプロフェッショナル  青木仁志 Official Site
  • アチーブメント ショッピングサイト

関連する書籍

書籍イメージ

公式ブログ

モバイルサイト

www.achievement.co.jp/m/

モバイルサイトでは公開講座(一部セミナーを除く)へのお申込み、商品のご購入ができます。ぜひこの機会にご活用ください。

PCからはご利用いただけません。