• 個人のお客様
  • 法人のお客様
  • 会社情報
  • 採用情報

トップページ> 会社情報> 新着情報> 選択理論心理学の提唱者 ウイリアム・グラッサー博士を偲んで

2013年8月27日
アチーブメント株式会社

選択理論心理学の提唱者 ウイリアム・グラッサー博士を偲んで

選択理論心理学の提唱者であり、弊社最高顧問であるウイリアム・グラッサー博士が、
2013年8月24日(現地時間8月23日)にご逝去されました。享年88歳でした。

グラッサー博士は1925年に生まれ、自身の精神科医としての経験の中で、薬を使う精神医療に疑念を持ち、
独自のカウンセリング技法「リアリティ・セラピー」を確立。1965年に発刊された『現実療法』はアメリカで大きな反響を呼びました。
その後、理論的に発展・整理され、【選択理論】を提唱されました。

1986年に日本で行われた「リアリティ・セラピー」のセミナーに、弊社代表・青木が参加したことがきっかけとなり、
「選択理論を基にした高品質な人材教育サービスの提供」を企業理念に掲げるアチーブメント株式会社が設立されました。
まさに、アチーブメント設立のきっかけは、グラッサー博士が与えてくださった、と言っても過言ではありません。 
その後も、創業間もないアチーブメントの招聘にお応えいただくなど、数多くのご支援を頂いてまいりました。
アチーブメントは、これからもグラッサー博士の遺志を受け継ぎ、日本の津々浦々、
そして、世界に向けて選択理論を発信すべく社員一同、尽力してまいります。